車買取 Ullcar TOP > 下取りとの違いとは

下取りとの違いとは

車買取と下取りは、どう違うのでしょうか?初めて車買取に挑戦する方は分りづらいかもしれません。
一般的に下取りとは、新車または中古車を購入する会社に自分の現在所有している車を購入代金の一部として、その会社に引きとってもらう事です。
ですから、今乗っている車の下取り金額が自分の手元に納まることはありません。たいていは、新車購入時の頭金に充てる方が多いと聞きます。
下取りの定義としては、新しい車の購入を前提にしているというところです。

主に下取りを行っているのは正規デーラーです。

正規ディーラーで査定を受けるには直接店舗に行かなくてはなりません。もし、下取り査定をディーラーで受けるご予定なら、一度当サイトから買取査定を受けてみてください。
見積もりをしたからといって、必ずしも売却契約をしなければいけないわけではありません。お持ちの車の相場を知るためや、ディーラーとの比較のためにご利用しても問題ないのです。
様々な方法で情報を入手し、より高値で買取を成功させてください。

当サイトは 車購入や車買取を検討されている方に 便利にご利用いただけるサイトになっております。