車買取 Ullcar TOP車買取のアレコレ > キズや軽いヘコミのある車

キズや軽いヘコミの評価

車を査定に出す場合、すりキズや軽いヘコミは査定額の減額につながってしまうのでしょうか。

査定の際にチェックする重要なポイントは車種・ボディカラー・グレード・年式です。これらにそれぞれ相場があり、その掛けあわせで査定額が決まります。
ですから、あきらかに誰が見てもアウトと思われるようなキズやヘコミでもない限り額に影響はないといわれています。

ヘタに修理をすると損をする!?

ポイントアップを狙って無理に自動車修理店でお金をかけて補修をしても、その金額分以上のアップが見込めるという補償はありませんし、ご自身で修理キットを購入して直そうと思っても素人仕事にどうしてもなりがちですから上手くいかないことが多々あります。
査定をする担当者は営業担当者ではなく、査定士といわれる所定の講習を受けた有資格者が行います。講習では査定金額の加減点の目安や、修復歴の見分け方を学びますので、修理のムラがある箇所などは簡単に見つけてしまいます。
下手をするとご自身で修理をした箇所を減点ポイントと判断されてしまうかもしれません。

すりキズや軽いヘコミは無理に修理をせずに現状のまま、もしくはコンパウンドなどの研磨剤で軽く補修するくらいでよいでしょう。
あとは最低限の洗車と車内の整理で充分です。