車買取 Ullcar TOP車買取のアレコレ > 社外品パーツの扱い

純正パーツと社外パーツ オプションの評価の違い

車を購入後、自分好みのイメージにするために社外のカスタムパーツを取り付ける方がいます。
しかし、その車を売るとなったら社外パーツは適正に評価をしてくれるのでしょうか。

ディーラーで下取りに出す場合に評価を受けるものは、純正のオプションパーツだけです。
社外のパーツは評価されないと思っていたほうがいいでしょう。

中古車買取会社なら評価はUP

社外品のパーツを多く取り付けている、そしてそれを評価して欲しいのならば、断然中古車買取業者に見積もり依頼をすることをお勧めいたします。
社外品のメーカーから、そのパーツのグレードまで正しく評価をしてくれるでしょう。もし、それでも査定の額に疑問点がでたのなら評価の内訳について尋ねてみてもOKです。評価が改まることもあるかも知れません。
カスタムした愛車とイメージの近い中古車を扱っている中古車販売会社などで見積もりを行えば、より一層のプラス評価になるでしょう。

社外パーツと交換した際の純正品がある場合は、持ち込んでおきましょう。
あなたがその車を大切に扱っていたという証拠にもなりますし、その車の次のオーナーになる人の選択肢を広げることになるのでプラス評価が期待できます。
パーツのみで高い買取額が期待できるものは、純正品と交換しておき、個別に査定をしてもらうか、個人でオークションに出品してみても良いかもしれません。
その際に注意しなくてはいけないのは、取り外し取り付け工賃や、オークション市場です。工賃が売値より高くなったりないように良く判断し、損をしないようにしてください。