車買取 Ullcar TOP車買取のアレコレ > ワンオーナー車

ワンオーナー車の評価はなぜ高い?

ワンオーナー車とは、新車で購入してから売却されるまでの間の所有者が一人の人物であった車のことをいい、中古車のなかでも、最も人気があり買い手がつく条件です。

どうしてワンオーナーの車が人気になるかというと、ずばり一人の人しか乗っていないからなのです。
漠然とした回答になってしまいましたが、「ワンオーナー以外の車では、その中の一人の所有者がとても扱いがひどく、車の状態が悪いのではないか」、「何人もの人が使ったものはなんか嫌だな」。
など、つまりは複数の所有者に渡った車は印象が良くないというのがあるようです。
少し専門的な理由としては、ドライバーには一人一人運転のクセがあります。一人のクセしかついていない車なら問題が無いのですが、たくさんのクセがついた車は消耗が激しくなっています。何かの弾みでその消耗した箇所から不具合が生じる可能性があるため、リスクの少ないワンオーナー車が好まれるのです。

これまでの経緯を考えてみると不安に感じる

また、年式や走行距離にもよりますが、なぜワンオーナー車でない車は複数のオーナーの手を渡り歩くことになったかの過程です。
どんな自動車でも、購入額より売却額が高くなることはありません。売却すれば損をするはずなのに短期間で数度も売却されている・・・何か乗っているうちに整備では気付かないような不具合が出てくるのかもしれませんし、いわくつきの車なのかもしれません。
真実は購入してみないとわかりませんが、そんな考えがよぎってしまうような車が人気になるはずはありませんね。

以上のような理由から、ワンオーナーである車の査定の評価は高くなります。
ワンオーナー車の証明として、新車購入時にディーラーから発行される保証書があります。この保証書があれば売却時に自分だけが所有者である確かな証拠となりますので査定の際に用意しておきましょう。