車買取 Ullcar TOP車買取のアレコレ > MT車とAT車の相場

MT車とAT車の査定額の変化について

近年の傾向として、MT(ミッション)車、マニュアル車の生産台数が減ってきているのはご存知のことでしょう。
日常生活で普段使うような車はほぼ全てAT(オートマ)車が占めているといっても過言ではないようです。
ワンボックスカーやコンパクトカー、セダンタイプや軽自動車はAT車のほうが、誰でも乗れるし街中を運転しやすいというのが理由のようです。
MT車のクラッチの繋ぎなどは車によって微妙な違いがあったり、道路が混雑しているときは半クラ状態を維持していなくてはならなかったりと運転しづらいことは否めないですからやはり需要は減っていきました。

車種やタイプによってはMT車の価値が高まる

スポーツタイプの車はMT者のほうが以前人気があり、同じ車種のAT車よりも査定額が10~30万円もアップすることがしばしば起こります。
スポーツカーを好んで乗る人々は車が大好きで、自分で操作をしている実感を得たいと思っています。そんな人に断然MT車が人気なのです。

逆に、普段使いとしての需要が高いワンボックスカーやコンパクトカーがMT車であった場合、査定額は5~20万円ほどダウンするといわれていますので、注意をしてください。
これらの普段使いの車には、すでにはじめからMT車のグレードが設定されていない(存在しない)ものも増えてきていますので気にする必要はないのかもしれません。

最近ではスポーツカーもセミマニュアルのようなミッションを装備することが多くなりましたので、純粋なMT車は市販されなくなって行くのかもしれませんね。