車買取 Ullcar TOP車買取のアレコレ > 車検が迫っていたらどうする

車検の残り期間による評価

車検切れが迫ってきていたとき、皆さんはどう考えるでしょうか。
大抵の方は車検を受け、引き続きその車を乗ることを選ぶと思います。

では他の選択肢はどうでしょう。
実は車検のタイミングで車を乗り換える方は意外と多いのです。車検を受けるには決して安くない金額が掛かってきます、しかも走行距離や年式が経てば経つほど1回の車検に掛かる費用は増えてしますのです。
ですから高い費用を出して車検を受けるよりも、いっそのこと売ってしまい新しい車を購入しようと考えるのです。

ヘタに修理をすると損をする!?

現在乗っている車を売るとします、車検を通す前と後とではどちらが査定に有利になるでしょう?
実は、どちらも査定額に大きな差はありません。
車検を受けた車のほうが価値があるように思われますが、車検に出したからと言って、かかった費用が買取額に上乗せされることはありませんので、その分損をしてしまいます。
わざわざ査定額のアップを狙った車検が落とし穴になってしまうのです。

考え方を変えれば、車検切れが近づいていようと、車検を通した後であろうとタイミングに関わらずいつでも適正な価格で査定をしてもらえるということになります。
年式が経てば車の価値は下がってしまいます。査定をしたら必ず売らなくてはならないという決まりはありませんので、売りたくなったらどんなタイミングでも査定を受けてみることが大事です。