車買取 Ullcar TOP車買取のアレコレ > 書類の有無

車検証以外の大切な書類

自動車について一番大切な書類は車検証です。所有者や使用者を明記したものであるし、その車が国土交通省の定める基準に適合したものであることを証明しているからです。
これは紛失してはいけませんし、売却の際には必ず必要になります。
その他に、日ごろから大切に保管しておくべき書類があります。

定期点検整備記録簿

俗に、整備手帳と呼ばれる「12ヶ月点検」や「24ヶ月点検」の内容を記録していくものです。
きちんと点検をしていくと、その車が過去にどのような整備をしたのか、部品の交換はあったのか、どこで誰が検査をしたのか、検査時の総走行距離などが記載されていきますので、重要な査定基準になります。
売却が成立し、買い手がつき次のオーナーの元に車が渡っても同じ記録簿を使用するので、次の所有者に安心して乗ってもらうためにも点検や検査は受けておきましょう。

取扱説明書

取扱説明書も査定に影響してきます。一度読んで捨ててしまうような人はいないと思いますが、購入してからだんだんと月日が経っていくとどこに保管していたのかわからなくなってしまうことが多いのではないでしょうか。
特にカーナビやETC、オーディオなど買い足していったパーツやアイテムなどの箱や説明書は、別々に保管しがちになります。説明書と一緒に保証書などがある場合も多いですから一箇所にまとめるか、車の中に保管しておくことが望ましいでしょう。

最近の車はコンピュータ化が進んでおり、ブレーキ1つとってもコンピュータで調節しているような状況です。
整備手帳や取扱説明書がないと正しい扱い方がわからないし、不具合が出たときに対処に困ってしまいます。次のオーナーにとっては、せっかく買ったのに修理ができないのではあまりにも可哀想ですので、車検証と一緒の場所に保管しておけばなくすこともないでしょう。